sponsored link

MacOS向け画面録画ソフト【EaseUS RecExperts for Mac】レビュー

EaseUS ソフトウェアより新しくMac画面録画ソフトが出たみたいです。
レビュー依頼を受けたので、紹介させていただきます。

EaseUS RecExperts for Mac のレビュー

最初にざっくりと使用感を言うと、機能面においては会社やサークル内で使う、またはMacの扱いに詳しくない方には素早く導入できてオススメだと思います。
と言うのも、主要となる画面録画機能ですが、Macでは標準でシステム音声(ソフトウェアやブラウザ等から出る音声)を録音できません。
その為、通常なら”Soundflower”や”Radiocast”等のフリーソフトを導入してセットアップする手間のかかる作業が必要です。
しかし、EaseUS RecExperts for Macなら、インストールするだけでこの辺りの問題を解決できます。

簡単にMac標準のQuick Time Playerとの比較をしてみます。
機能EaseUS RecExperts for MacQuick Time Player
フル画面録画
選択範囲録画
特定のウィンドウの録画
(選択範囲録画で選択しないといけない)
iPhoneの画面録画
有線orWiFi

有線のみ
システム音声録音
(マイクとシステムサウンドの同時録音も可能)
×
(任意のフリーソフトが必要)
自動レコーディング機能×
GIF書き出し×

特にシステム音声録音は、EaseUS RecExperts for Mac単体で解決できるのでかなり安心だと思います。

難しいことを考えずに画面と音声を素早く録音して動画を作成したい方にはMac画面録画ソフトの選択肢としてありだと思います。

次に各機能で気になったところを書いていきます。

画面録画

見やすいインターフェースで直感的にわかりやすくなっていると思います。
詳しい使い方は別の方が紹介されているので割愛しますが、一回使ってみると簡単さがわかると思います。

基本的には録画したいウィンドウを選択して録画ボタンを押すだけ。

また、あらかじめ録画開始時間と録画継続時間を設定できるので、任意の動画サイトの生配信などを自動で録ることもできそうです。

あと地味に嬉しいのが「レコードウィンドウ」機能です。
QuickTimePlayerだと、録画中の選択範囲内に他のアプリのウィンドウが現れるとそのまま録画に含まれてしまいますが、EaseUS RecExperts for Macの「レコードウィンドウ」機能を使えば、その問題を回避できます。
つまり、録画中のウィンドウを動かそうがその前面に他のアプリのウィンドウが覆い被さろうが、録画したいウィンドウのみを撮影することが可能です。

音声録音

音声録音(録画なし)も可能で、これもシステム音とマイク音の一方または両方が選べます。

これも地味に嬉しい機能で、ちょっとした音声のサンプリングとか手軽にできるの嬉しいなと。

こちらは録音タイマーがあり、指定した時間が来ると自動で収録が終わるように設定できます。

iPhoneの画面録画機能

録画の際にはUSB接続、またはWiFi経由でAirPlayをオンにすれば接続可能です。
ただ、当たり前ですが有線接続の方が安定性は上です。

個人的にはスマホアプリのゲームプレイ用の動画作成に向いているかなと思いました。
コードレスで収録できるのでゲームに集中しながら撮影することができます。

iPhoneの画面録音や音声録音についても音声がちゃんとステレオで録音され、また明らかにQuickTime Playerよりも音質が良く感じました。

実際にWiFI経由のミラーリングで録画してみた映像がこちらになります。
音質も良くちゃんとステレオで鳴っているのが良くわかると思います。

EaseUS RecExperts for Mac – iPhone ミラーリングテスト

GIF書き出し機能

多分ブログ書く人にとっては動画だと容量が大きくサーバーのストレージが圧迫するのでGIFが使えたら便利だと思います。

実際、収録後の画面でGIFとそのサイズを選ぶだけなので簡単にGIF画像を書き出すことができます。

ただ、今のところGIFの画面サイズ自体はカスタム含めて8段階程選択できるのですが、コマ数のカスタムができません。

現状1秒あたり10~11コマ程のGIFが書き出されるのでこのあたりのコマ数もカスタムできたら、大きい画面サイズで見やすいGIFが作成できて嬉しいなと思いました。
(今後に期待)

気になった点

私の環境だけかもしれませんが、このアプリだけでシステム音が録音可能なのは嬉しいのですが、いざ録音すると強制的に出力が標準出力になります。
なので、Soundflowerやオーディオインターフェースなどの他の出力機器を使用している際には、Mac本体のスピーカーから音が出ることになるので注意が必要です。
(本体にイヤホンを挿しましょう)

録画が終わると、MP4かGIFのボタンが表示されてどちらで保存するか選べるのに、その後に自動でMP4がデフォルトフォルダに保存されます。
自動で保存しない設定がどこかにあれば良いのにと思いました。(余分にストレージを食うし、削除も手間なので)

総括

色々書きましたが、結局のところこの製品の一番素晴らしいところはMacOSでは一手間かかるシステム音声の録音がこの録画アプリ一つで可能なところだと思います。

MacOSやそもそもセットアップが苦手な人もそうだし、グループ活動や企業等で使う場合でも誰でも簡単に導入でき、トラブルが少なそうで良いと思いました。

また、Soundflowerも然り、フリーソフトでのセットアップはOSのアプデとともに導入が大変になったり、そもそも対応できなかったりと色々問題が出るので、そういった点でも有利だと思います。(安定性は重要

料金は月額(¥2,390/月)・年間(¥4,790/年)・永年(¥8,390/~)の3つのプランがあります。
正直、動画製作者や会社での資料作成用途にもバリバリに使えそうなので、それを考えると妥当な価格かなと思います。

商品公式ページ: EaseUS RecExperts for Mac

Appleその他

コメント一覧

sponsored link
KANOE STUDIO
タイトルとURLをコピーしました