sponsored link

IK Multimedia iRig Keys I/O 25 の 購入後の設定と感想

以前、IK Multimedia iRig Keys I/O 25 を購入しました。

なぜ購入したかと言うと、MODOBASSが無料でついて来るキャンペーンをやっていたから。

さて、私はAmazonで購入したのですが、そこで気になるレビューがあったのを思い出しました。

内容は、日本語の説明書が一切なく、詳しい使い方がわからないと言うものでした。

結論から言いますと、日本語版マニュアルはあります!

日本語版マニュアル

iRig Keys I/O 25の公式のマニュアル

さて、このマニュアルの最初のページをご覧ください。

日本語あるやん!!!

そうなんです、あるんです。

めちゃくちゃ日本語!!

Logic Pro での操作なんて項目も!(さすがIK)

これを読めば使い方は一通りわかります。

英語のわからないユーザーも安心できますね。

Logic Pro X

親切なことに Logic Pro X ユーザーには iRig Keys I/O 25 用にコントロールサーフェスプラグインが用意されています。

IK Multimedia のマイページの登録製品(My Product)のページよりダウンロード可能です。

使用している感想

完全に個人的な感想ですので、参考程度にお願いします。

良かったところは、以前使用していたMIDIキーボードよりもコントロールが増えたことで使い勝手が良くなったことや、パッドが使えることです(超重要)。

ちなみに以前はKorgのmicro keyを使用していました.

ただ、この機材に付属しているオーディオインターフェース機能ですが、すでに別のオーディオインターフェースを使用しているので現状は使っていません。

また、個人的にまだ鍵盤の重さやベロシティの感覚がつかめてないのです。(と言うかKorgのmicro keyの感覚がいまだに手に残ってる…)

個人的には持ち運び用(モバイルセット)としての採用はかなりアリだと思います。

まだまだ使いこなせていない分もありますが、こんな感じで結構便利です。

後記

個人的にはIKの製品はハードもソフトも好きなので、星1はねえだろと思い書いた次第です(笑)

IKのJamPoints何に使おうか…

コメント